映画

ウィル・スミス出演のおすすめ映画ランキング!コメディもSFも!

この記事ではウィル・スミスのおすすめの映画をランキング形式で紹介します。

ウィル・スミスはアメリカ出身の映画俳優で、数々のヒット映画に主演として出演しています。

ここでは、そんなウィル・スミスの出演するおすすめの映画を紹介していきたいと思います!ファンの人もそうでない人もぜひ楽しんでみていってください!

ウィル・スミスのおすすめの映画1位:幸せのちから

1位は「幸せのちから」です!ウィル・スミスといえば誰もがこの映画を思い浮かべると思います。2006年に公開された一本です。

ウィル・スミス演じる「クリス・ガードナー」がホームレスから億万長者になり上がるというまさにアメリカン・ドリームを描いた作品です。

家族のために必死に働くクリスの前向きさ・苦労が感動を呼びます!実の息子ジェイデン・スミスと共演した初の作品でもあります。

ウィル・スミスのおすすめの映画2位:アイ,ロボット

2位は「アイ,ロボット」です!2004年に公開された、ロボットが自我を持つ世界を描いたSF映画です。

テクノロジーの発展により自我を持つようになったロボットが、人間に反乱を試みるという、近い将来怒ってもおかしくないような考えさせられる内容になっています。

ウィル・スミスはロボット嫌いの刑事「デル・スプーナー」役を演じており、殺人事件の真相暴こうと奔走します。

ウィル・スミスのおすすめの映画3位:メン・イン・ブラック

3位は「メン・イン・ブラック」です!1997年から始まり、2002年の「メン・イン・ブラック2」、2012年の「メン・イン・ブラック3」へと続いた人気映画シリーズです。

宇宙人の存在に気づいてしまったウィル・スミス演じる「ジェームズ・エドワーズ刑事」がMIB(メン・イン・ブラック)という宇宙人の組織にスカウトされるという内容。

エイリアンの存在をうまく世間から隠すというミッションを、笑いあり、激しいアクションありで遂行していきます。

SF映画ですが、よくあるSF映画のような堅苦しい設定などはなく、コメディ要素も満載なので気軽に見ることができるかと思います。

SFが苦手な人にもオススメの映画シリーズです!

ウィル・スミスのおすすめの映画4位:エネミー・オブ・アメリカ

4位は「エネミー・オブ・アメリカ」です。原題は「Enemy of the State」の1998年に公開されたアクションサスペンス映画です。

ウィル・スミス演じる弁護士「ディーン」はたまたまNSA(国家安全保障局)が関わる殺人事件の証拠を入手してしまい、それに気づいたNSAはディーンを抹殺しようと試みます。

政府組織を相手に戦うディーンを描いた作品で、サスペンス映画の金字塔ともいわれるほど高い評価を受けています!ウィル・スミス好きにはたまらない1本だと思います!

ウィル・スミスのおすすめの映画5位:インディペンデンス・デイ

5位は「インディペンデンス・デイ」です!1996年に公開された宇宙人VS地球人を描いた人気SF映画です。

アメリカ独立記念日を控えたある日、巨大宇宙船が世界各地に飛来します。宇宙船の主砲になすすべなく、各地は見るも無残な廃墟へと化していきます。

そこでウィル・スミスが好演する「スティーブン・ヒラー大尉」含むアメリカ軍が、決死の勢いで反撃に仕掛けるというのが大まかなストーリーになります。

色々な批判はありますが、まさに「アメリカ万歳!」といった映画で、登場人物すべてキャラが立っており、最後のシーンは感動すること間違いなしです!

ウィル・スミスのおすすめの映画6位:バッドボーイズ

6位は「バッドボーイズ」です。1995年に公開されたアクション・コメディ映画で、「マイケル・ベイ」が監督を務めています。

マイアミ警察署から奪われた1億ドル相当のヘロインの行方とその犯人を追って、2人の黒人刑事のコンビが活躍するという内容で、ウィル・スミスの出世映画ともいわれています。

2人が織りなすドタバタは見所で、言葉の兼ね合いなど笑えるポイントが随所に散りばめられている笑えるアクション映画になっています!

ウィル・スミスのおすすめの映画7位:最後の恋の始め方

7位は「最後の恋の始め方」です。ウィル・スミスが初めて挑戦したロマンチック・コメディというジャンルの一本です。

恋愛下手な多くの男性の指南役として、デートコンサルタント会社で働くウィルスミス演じる「ヒッチ」。

そんな彼が女性記者「サラ」に出会った途端、彼が築き上げた恋愛理論は崩れ落ち、臆病になってしまうという人間ドラマを描いています。

恋愛映画に興味がない方にもオススメできる、笑えるロマンチック映画だと思います!

ウィル・スミスのおすすめの映画8位:アイ・アム・レジェンド

8位は「アイ・アム・レジェンド」です。2007年に公開されたSF映画で、リチャード・マシスンによる同名の小説を元にして作られた映画です。

2009年に開発されたガンの特効薬が、人を死に至らしめるK.Vウイルスへと変貌したことで、3年後廃墟と化してしまったニューヨーク。

ウィル・スミス演じる科学者の「ロバート・ネビル」は死に絶えた街ニューヨークでたった一人、K.Vウイルスの特効薬を研究するというストーリーです。

小説と違う部分が多いことから賛否両論ありますが、廃墟と化してしまった大都市ニューヨークのクオリティの高いリアルな描写は圧巻で、非常に高い評価を受けています。

ウィル・スミスのおすすめの映画9位:ハンコック

9位は「ハンコック」です。2008年に公開されたアクション・コメディ映画で、ウィル・スミスはヒーロー役の「ハンコック」を演じています。

超人パワーを持つ「ハンコック」はその力を生かし、町の人々を犯罪や事故から日々救う毎日を送っています。しかしその性格や雑なやり方から、町の人々からは嫌われていました。

ある日、慈善活動家を助けたことをきっかけに、性格を改めみんなに愛されるヒーロになろうと改心していくことから話は進んでいきます。

大どんでん返しなストーリーは注目ポイントなのですが、ネタバレになっちゃうのでこれ以上は書きません!彼の豪快なヒーローアクションも注目ポイントの一つです!

ウィル・スミスのおすすめの映画10位:スーサイド・スクワッド

10位は「スーサイド・スクワッド」です!「デヴィッド・エアー」監督によるファンタジー・SF映画です。同名のアメリカン・コミックスシリーズを実写化した映画になります。

「スーサイド・スクワッド」という殺人集団を描いた作品で、ウィル・スミスは狙撃を得意とするデッドショットを好演しています。

ほとんどの映画で刑事やヒーローなどの役を演じるウィル・スミスですが、今作では珍しく悪役を演じているところが注目ポイントの一つですね!

ウィル・スミスのおすすめの映画についてまとめ

以上、ウィル・スミスの出演するおすすめ映画を紹介してきました。ファンの人もそうでない人も楽しめる映画ばかりだと思います!どの作品も時間があれば是非見て欲しいです!