映画

2019年最新版!トム・クルーズの映画おすすめランキング!

この記事ではトム・クルーズのおすすめの映画をランキング形式で紹介します。

トム・クルーズは言わずと知れた、アメリカ出身のイケメン映画俳優で、30年近くハリウッドの映画業界を引っ張ってきました。

日本でも大変人気の高い俳優ですが、ここではそんな彼が出演するおすすめの映画を10本ランキング式で紹介していきたいと思います。

トム・クルーズのおすすめの映画1位:ミッション・インポッシブル:ローグネイション

1位は「ミッション・インポッシブル:ローグネイション」です!2015年に公開された、「ミッションインポッシブル」シリーズの最新作になります。

ストーリーは今までの作品と同様に、トムが演じる「イーサン・ハント」を中心とするスパイ組織と悪の組織の戦いを描いたストーリーです。

ストーリーも魅力的ですが、やはり注目は彼のアクションシーンでしょう!当時50才を超えていたにも関わらず、ヘリコプターや飛行機でのアクションを自ら演じています!

トム・クルーズのおすすめの映画2位:マイノリティ・リポート

2位は「マイノリティ・リポート」です。2002年に公開された、SF・ミステリー映画です。人気SF小説家である「フィリップ・K・ディック」の同名の小説を題材としています。

巨匠「スティーヴン・スピルバーグ」が監督を務めている一作で、トム・クルーズは刑事「ジョン・アンダートン」を演じています。

殺人発生率が0%となった2054年を舞台とし、陰謀に巻き込まれた刑事が潔白を証明するために奔走するというのが大まかなストーリーになります!

トム・クルーズのおすすめの映画3位:トップガン

3位は「トップガン」です。1986年に公開された作品で、アメリカ海軍の戦闘機を題材にした飛行アクション映画です!

トム・クルーズ演じる「マーヴェリック」の海軍パイロット養成学校での青春を描いた一本で、トム・クルーズの出世作品とも言われています。

若かりし頃の彼と、スターにのし上がったきっかけとなった演技を、ぜひ注目してみてください!

トム・クルーズのおすすめの映画4位:ザ・エージェント

4位は「ザ・エージェント」です。1996年に公開された、スポーツエージェントとアスリートに関する人間ドラマです。

トム演じる「ジェリー・マグワイア」はスポーツエージェントとして、会社勤めをしていましたが、金のことしか頭にない会社にだんだん怒りを募らせていき、ついにはクビになってしまいます。

その後独立し、彼が成功するまでを描いたストーリーになっています。

選手とエージェントの関わりの中から、正しいこととは何かを追求していく様は、考えさせられるものがあります!

トム・クルーズのおすすめの映画5位:レインマン

5位は「レインマン」です。1988年に公開された映画で、ある兄弟の関係性をテーマにした作品です。

ダスティン・ホフマンが演じる自閉症の兄と、トム・クルーズが演じる自由奔放な弟という2人の兄弟の絆を描いた作品で、心温まる内容になっています!

2人の好演は大きな話題を呼び、第61回アカデミー賞や第46回ゴールデングローブ賞など様々な名誉ある賞を獲得している一本です!

トム・クルーズのおすすめの映画6位:ラストサムライ

6位は「ラストサムライ」です!2003年に公開された映画で、日本の「侍」を題材にした作品で、日本に住んでいる我々にも馴染みのある一本だと思います。

トム・クルーズ演じる「ネイサン・オールグレン大尉」は南北戦争を勇敢に戦った兵士で、戦争後、今度は日本と戦うため政府に派遣されるところから話は始まります。

その後、日本の武士「勝元」と出会い、その侍の心に大いに感銘を受けるといった内容です。武士道精神とは何かを細かいところまで表現できている作品だと思います!

トム・クルーズのおすすめの映画7位:マグノリア

7位は「マグノリア」です。ポール・トーマス・アンダーソンが脚本・監督を務める、1999年に公開された映画です。

アクションを主な得意分野とするトム・クルーズですが、今作品では「自己啓発セミナーの講師」に挑戦しています。

彼を含む約10人の男女が繰り広げるグランドホテル方式の作品で、ここでは当然言いませんが、ラストシーンは思わずドキッとしてしまいますよ!

トム・クルーズのおすすめの映画8位:ミッション・インポッシブル

8位は「ミッション・インポッシブル」です!人気スパイシリーズの第1作目となる映画で、1996に公開されました。

トム・クルーズ演じる「イーサン・ハント」含むスパイ組織「IMF」が、ある重要なリストを盗んだアメリカ人「ゴリツィン」を捉える、という任務に挑むという内容です。

この頃から、スタントマンをできるだけ使わないというアクションシーンは健在で、思わず心配になるくらい危険で迫力のあるアクションが満載ですよ!

トム・クルーズのおすすめの映画9位:アウトロー

9位は「アウトロー」です。2012年に公開された映画で、人気推理小説家「リー・チャイルド」の小説を題材にしています。

ある男が立体駐車場から無差別にスナイパーライフルで狙撃するという事件が起き、トム・クルーズ演じる「ジャック・リーチャー」が犯人逮捕と事件の裏側を明らかにしていくという物語です。

全米で人気の小説「ジャック・リーチャー」シリーズが題材となっていることから、映画も同じように面白く、最後まで目が離せない内容になっています!

トム・クルーズのおすすめの映画10位:オール・ユー・ニード・イズ・キル

10位は「オール・ユー・ニード・イズ・キル」です!2014年にアメリカで公開された、SFアクション映画になります。

日本のライトノベル「All You Need Is Kill」が題材になっていることは有名で、アメリカでは「Edge of Tomorrow」というタイトルで公開されています。

エイリアンの侵略により、時間がループする世界に巻き込まれてしまった、主人公「ウィリアム・ケイジ」。

彼が、戦争に出撃しては死ぬという2日間を繰り返されることで、精神的に強くなり、エイリアンを倒そうと奮闘するという内容のストーリーです。

トム・クルースはその「ウィリアム・ケイジ」を演じており、彼の名演技にも注目ですが、日本の小説が題材となった、独特なストーリーにも注目です!

トム・クルーズのおすすめの映画についてまとめ

以上、トム・クルーズのおすすめ映画を10本紹介させていただきました。

やはり、彼の得意分野である「アクション」系が多くなってしまいましたが、「レインマン」のような心温まる人間ドラマにも多く出演しているので、そちらも注目です!