動画配信サービス

Netflixのおすすめアニメ映画TOP10!ランキングで紹介!

この記事ではNetflixのおすすめアニメ映画をランキング形式でお届けします。

Netflixでは、多くのアニメ映画が配信されています。今回はNetflixで配信されているアニメ映画の中から、おすすめの作品をランキング形式で紹介します。

ネットフリックスでアニメ映画を見たいけど、どの作品が良いのか分からない…そんな人は、ぜひこの記事の内容を参考にしてみて下さいね!

Netflixのおすすめのアニメ映画1位:夜は短し歩けよ乙女

夜は短し歩けよ乙女は、山本周五郎賞を受賞した、森見登美彦の小説を原作に、作成されたアニメ映画です。

監督は、劇場版クレヨンしんちゃんなど多くの作品を手がけてきた湯浅政明です。

京都を舞台に、「黒髪の乙女」とその彼女に恋をした「先輩」との恋物語を中心に、周囲の個性豊かな人々との関わりも交えて描かれた作品です。

個性豊かな登場人物にくすりと笑いつつも、不思議でファンタジックな世界観が魅力的な作品となっています。

Netflixのおすすめのアニメ映画2位:この世界の片隅に

この世界の片隅には、こうの史世による漫画作品をもとに映画化された作品です。

戦争と広島をテーマに描かれた作品なので、重く悲しいシーンもありますが、戦時中でも確かに存在した日常がよく描かれています。

太平洋戦争の最中、広島の呉に嫁いだすずが、嫁ぎ先で生活していくのですが、戦争はどんどん進み、呉は日本海軍の根拠地でもあったので何度も空襲に襲われることになります。

戦時中の日常がよく描かれているので、リアルな戦争の怖さを感じる作品です。平和の大切さを改めて実感させられました。

Netflixのおすすめのアニメ映画3位:GODZILLA 1 怪獣惑星

GODZILLA 1 怪獣惑星は、ゴジラシリーズ第30作目にして初の長編アニメ映画作品です。3部作の第1作目となっています。

移民船に乗る青年ハルオは、4歳の時に目の前でゴジラに両親を殺され、20年の間、地球に戻りゴジラを倒すことだけを考え続けていました。

しかし、ついに帰還した地球は、既に2万年の歳月が経過し、地上はゴジラを頂点とした生態系による未知の世界となっていました。

アニメでしかできないゴジラの表現が多々あり、ゴジラの強さ、凄さがよく表現されています。

Netflixのおすすめのアニメ映画4位:言の葉の庭

言の葉の庭は、君の名は。で話題になった新海誠による5作目のアニメ映画です。

靴職人を目指す高校生のタカオと味覚障害により酒とチョコレート以外の味を感じなくなってしまった女性ユキノは、雨の日だけの再会を繰り返しながらお互いに少しずつ打ち解けていきます。

タカオはユキノのために、彼女がもっと歩きたくなるような靴を作ろうと決心します。万葉集や日本庭園などを題材に描かれた映像に心が引きこまれる作品です。

Netflixのおすすめのアニメ映画5位:聲の形

聲の形は、聴覚障害によりいじめを受けるようになった少女硝子と、いじめの中心人物となったことで周りと浮いてしまった少年将也との関わりを中心に描かれた作品です。

障害によるいじめを描いた際どい作品と言うことで、原作漫画の掲載に時間がかかった作品ですが、多くの賞を受賞し、高い評価を受けた作品です。

タイトルの「聲」という字には、「声と手と耳」が組み合わさってできているという説と、「気持ちを伝える方法は声だけじゃない」という意味が込められています。

Netflixのおすすめのアニメ映画6位:詩季織々

詩季織々は、李豪凌(リ・ハオリン)総監督の、日本と中国のアニメ制作会社による日中合同アニメ映画です。

中国の生活の基盤である「衣・食・住・行」に、「青春」や「愛」を重ねるアイデアがベースとなっています。

北京で働くシャオミンは、ある雨の朝、ふと故郷での日々と、それぞれの場面でのビーフンの味を思い出します。少年時代の思い出の中には、いつも違った味の温かいビーフンがありました。

しかし、都会の北京に馴染めずにいるシャオミンは、北京のビーフンにも距離を感じていました。

Netflixのおすすめのアニメ映画7位:夜明け告げるルーのうた

夜明け告げるルーのうたは、劇場版クレヨンしんちゃんなどで知られる湯浅政明監督が手がけた作品です。

心から好きなものを、口に出して『好き』と言えているか?」という疑問をテーマに、主人公の少年の心の解放劇を描いています。

主人公カイはさびれた漁港の町に住む中学生です。両親の離婚をきっかけに東京を離れてこの町に引っ越してきました。そこで、人魚の少女ルーと出会います。

しかし、人魚は災いをもたらす存在として言い伝えられていました。そして町には危機が訪れてしまいます。

Netflixのおすすめのアニメ映画8位:赤き大魚の伝説

赤き大魚の伝説は、中国のファンタジーアニメ映画作品で、アニメ作家の梁旋、張春の監督デビュー作です。

インターネット上に公開した自主制作の短編アニメを基に、完成に至るまで12年かかった作品です。『荘子』に書かれた「鯤」(こん)とよばれる大魚にまつわる話が、モチーフとなっています。

海の奥深くにある、神に仕える者たちが住まう世界。不思議な別世界に住む少女は赤いイルカに姿を変え、人間界での男の子との出会いが、運命を決する旅路に少女を駆り立てます。

Netflixのおすすめのアニメ映画9位:星を追う子ども

星を追う子どもは、君の名は。で話題になった新海誠による4作目のアニメ映画です。制作に2年の歳月がかけられました。

死んだ人にひと目会いたい。幼い時に父を失くした少女が、突然現れた怪物から救ってくれた少年に心を奪われますが、彼は程なく死んでしまいます。

淡い恋心を抱えた少女と、亡き妻への執念を秘めた男が神の叡智が眠る地下世界アガルタで禁断の扉を開いてしまいます。

今までの新海誠作品と比べるとファンタジー要素が強く、アクションシーンもこれまでより増えています。

Netflixのおすすめのアニメ映画10位:LUPIN THE THIRD 次元大介の墓標

LUPIN THE THIRD 次元大介の墓標は、『ルパン三世 DEAD OR ALIVE』以来18年ぶりとなる単独のルパン映画です。

次元のお墓が建っている?生きているはずの次元大介のお墓がなぜか建っていました。東ドロアからお宝を盗み出そうとしていたルパンたちは何者かに命を狙われます。

その裏には様々な陰謀が張り巡らされていました。

1971年のTVアニメ「ルパン三世」1stシリーズにつながっていく物語となっており、まだ打ち解ける前のルパンと次元のビジネスパートナーとしての関係性にも注目です。

Netflixのおすすめのアニメ映画についてのまとめ

Netflixで配信されているアニメ映画の中から、おすすめの作品をトップ10までご紹介させて頂きました。近年話題になった作品が多数配信されています。

一方で、マイナーであまり世に知られていなくても高い評価を受けた作品も多数配信されています。是非ご参考下さい。