映画

ナタリー・ポートマンのおすすめの映画TOP10!ランキングで紹介!

この記事ではナタリー・ポートマンのおすすめの映画を紹介します。

ナタリー・ポートマンはデビュー作であるレオンで注目され始め、スターウォーズ エピソード1から3のシリーズでトップハリウッド女優になりました。

ナタリー・ポートマンは、このようにティーンエイジャーのころから高い演技力を披露していています。

そんなナタリー・ポートマンのおすすめ映画にはどのような作品があるのでしょうか?

映画好きの私がランキング形式で紹介していきますので、楽しんで読んでいって下さいね!

ナタリー・ポートマンのおすすめの映画1位:レオン

レオンは、ナタリー・ポートマンがスクリーンデビューした作品です。

監督は大人気のタクシーやトランスポーターのリュックベッソンで、リュックベッソンが初めてアメリカで製作した作品です。

レオンは上映されてから20年以上経過していますが、いまだに人気の映画となっており名作と言っても間違いないでしょう。

ナタリー・ポートマンが演じる12歳のマチルダが、家族のために復習しようとレオンに殺し屋として育ててもらうという内容です。

デビュー作品にも関わらず、圧倒的な演技力を見せ付けたナタリー・ポートマンは注目されるようになりました。

ナタリー・ポートマンのおすすめの映画2位:スターウォーズ エピソード3

スターウォーズ エピソード3はスターウォーズ エピソード1から3の3部作の最終章です。

アナキンスカイウォーカーとパドメアミダラはエピソード2で極秘で結婚しましたが、アナキンスカイウォーカーはダークサイドに揺さぶられダースベイダーになってしまいます。

その様子がリアルに描かれており、とても切ない内容になっています…。この切なさはエピソード6に通じるものがあります。

ナタリー・ポートマンのおすすめの映画3位:ブラックスワン

ブラックスワンは、2011年に上演された作品です。監督はレスラーのダーレンアナロノフスキーです。ナタリー・ポートマンは主演で、親子でバレエに人生をささげきました。

白鳥の湖のプリマを巡ってライバルと争っていくうちに心の闇に落ち、幻覚を見るようになるサスペンス系の作品です。

この作品でナタリー・ポートマンはアカデミー主演女優賞を受賞しました。

ナタリー・ポートマンのおすすめの映画4位:スターウォーズ エピソード1

スターウォーズ エピソード1は、SF映画の代表作であるスターウォーズ エピソード4-6でのダースベイダーの幼少期を描いている作品です。

ダースベイダーの幼少期であるアナキンスカイウォーカーが、ダークサイドに落ちていく3部作の1作目となっており、ナタリーリポートマンは惑星ナブーの女王パドメアミダラを演じています。

ダースベイダーの幼少期ながらの持つ才能をうまく表現する傍ら、衣装や演出は豪華絢爛です。

ナタリー・ポートマンのおすすめの映画5位:スターウォーズ エピソード2

スターウォーズ エピソード2は、ダーズベイダーになる前のアナキンスカイウォーカーが、少年から青年へと成長しジェダイの騎士になるために修行しています。

アナキンスカイウォーカーは、ジェダイに騎士の修行をしながらも暗黒面に操られそうになる片鱗を巧みに表現している作品です。

アナキンスカイウォーカーはナタリー・ポートマン演じる女王パドメアミダラと恋に落ちる、そんなストーリーになっています。

ナタリー・ポートマンのおすすめの映画6位:マイティソー

マイティソーは2011年に上映された作品でマーベルコミックが原作です。スパイダーマンやXメンの監督をしていたスタンリーが監督です。

王の息子が謙虚さを勉強するために人間の世界へ送り込まれていましたが、記憶がよみがえりヒーローとして戦っていきます。

戦士の役で日本の男優である浅野忠信も出演しています。ソーの肉体美は圧巻ですが、アベンジャーズシリーズ好きの人にもオススメです。

ナタリー・ポートマンのおすすめの映画7位:ジェーン


ジェーンは2016年に上映された作品で、ナタリー・ポートマンは製作も手がけている傍らで、主演を演じています。

スターウォーズでも共演していたユアンマクレガーも出演しています。

南北戦争の時代が舞台となっていて、悪名高い夫の妻を演じていて、激動の時代を生き抜いた女性が夫と子供を守り生き抜いていく様を力強く演じています。

知的でクレバーなナタリー・ポートマンは気品高い役柄が似合っていて迫力があります。

南北戦争時代の作品は通常好みがはっきりと分かれますが、ジェーンはナタリー・ポートマンの美がしっかり堪能できる美しい作品です。

ナタリー・ポートマンのおすすめの映画8位:ビューティフルガールズ

ビューティフルガールズは1996年に上映された作品で当時イケメンで人気だったマットディロンも出演しています。

20歳代の男性の迷いや葛藤を表現しながら女性との恋愛劇を繰り広げます。ナタリー・ポートマンは、主人公の隣に住む13歳の少女を演じています。

ナタリー・ポートマンが持つ聡明さがこの当時からしっかりと演技にも現れていて少女らしいキュートさもしっかり表現できている作品です。

ナタリー・ポートマンのおすすめの映画9位:プラネタリウム

プラネタリウムは2017年に上映された作品です。ブラックスワンでアカデミー主演女優賞と受賞したナタリー・ポートマンが主演ですが、そのほかの出演者も豪華です。

この作品では、ジョニーデップとバネッサパラディの子供のリリーローズデップがナタリー・ポートマンと姉妹役で出演していることで話題になりました。

1930年代後半を舞台にしておりフランス映画らしい美しい映像や美しい人を見事に演出しています。美しい作品を見たい人にオススメです。

ナタリー・ポートマンのおすすめの映画10位:マーズアタック

マーズアタックは1996年に上映された作品です。監督はチャーリーとチョコレート工場のティムバートンです。

ティムバートンらしいコミカルでB級っぽさがしっかり出ているSFコメディです。

主演のジャックニコルソンが大統領を演じていて、レオンで注目されたナタリー・ポートマンはの娘役で出演しています。

レオンでのマチルダとまた違う一面を見せています。幼い年齢でこれほどまでの演技力を披露したことにより知名度があがりました。

ナタリー・ポートマンのおすすめの映画についてまとめ

ナタリー・ポートマンが出演するオススメ映画のランキングはいかがでしたでしょうか?

少女の頃からメジャーな作品に出演し、さまざまな俳優と共演する中でも存在感ある演技を数多く披露していました。

若い頃は学業とも両立し、アメリカの有名大学にも在籍する傍ら、スターウォーズシリーズの作品にも出演していました。

ナタリー・ポートマンの美貌はもちろんですが、さらに年を重ねて貫禄がもっと出てくる女優ですので、今後の活躍も楽しみです。