映画

ミラ・ジョヴォヴィッチのおすすめの映画ランキングTOP10!

この記事ではミラ・ジョヴォヴィッチのおすすめの映画をランキング形式でお届けします。

ミラジョボビッチと言えば、バイオハザードの映画を思い浮かべる人が多いのではないのでしょうか?

ミラジョボビッチは元々モデルとして注目されだした後に映画への進出を果たしました。

モデル出身とあってスクリーンデビュー当時から美貌が注目されていましたが、映画の出演本数が増えるにつれて、様々な役を演じアクション系の映画からそのほかのジャンルまで幅広く出演しています。

ミラジョボビッチが出演している作品がたくさんあるため、今回はオススメをランキングにしました。

ミラ・ジョヴォヴィッチのおすすめの映画1位:バイオハザード

バイオハザードは、ミラジョボビッチがトップのハリウッド女優になった作品です。

バイオハザードは元々プレイステーションのゲームで人気でしたが、2002年に実写化されました。

ゲームやアニメの実写化は難しいと言われていますが、数少ない大成功した作品です。主人公であるアリスを忠実に演じていて、アクションシーンも大迫力です。

ミラジョボビッチを代表する作品のため一度は見てみたい作品です。

ミラ・ジョヴォヴィッチのおすすめの映画2位:フィフスエレメント


フィフスエレメントは、1997年に上映されミラジョボビッチが有名になることに成功した作品です。

当時のダイハードシリーズで人気のハリウッドトップスター、ブルースウィリスが主人公の作品でのヒロインで話題になり、知名度を上げることに成功しました。

ブルースウィリスとの息ピッタリの演技を披露し、今後のミラジョボビッチの可能性を見せつけた作品でもあります。

SFが苦手な人でも見やすい作品のため、ミラジョボビッチ好きの人にオススメです。

ミラ・ジョヴォヴィッチのおすすめの映画3位:エターナル

エターナルはタイトルを見るとラブロマンスかと思いますが内容はコメディです。

ミラジョボビッチはロシアがルーツであり、エターナルもロシア発の映画でミラジョボビッチのロシア語を聞くことができます。

ミラジョボビッチは、アクションシーンが多い作品に出演することが多いですが、この作品はミラジョボビッチの違う一面を見ることができる作品です。

ミラ・ジョヴォヴィッチのおすすめの映画4位:三銃士

三銃士は17世紀を舞台にしており、古代小説を3Dの映画にした作品です。オーランドブルームが初めての悪役を演じたことで注目された作品です。

主人公のダルタニアンが三銃士の仲間になり、王妃の首飾りを取り戻す為にイギリスに行きます。

ミラジョボビッチは三銃士を阻止する謎の美女の役で、賢い頭脳と精神力がある、たくましくて美しい女性を魅力的に演じています。

ミラ・ジョヴォヴィッチのおすすめの映画5位:バイオハザード ザファイナル

バイオハザード ザファイナルはバイオハザードシリーズの完結編です。シリーズ6作目で2017年に上映されました。

この作品では、ミラジョボビッチが4時間かけて年老いたような特殊メイクをした写真をインスタグラムでアップされたことが話題になりました。

また、日本からはローラが出演したことで注目されました。完結編だけあって、アクションシーンもとても迫力があるので、バイオハザードシリーズ好きにはたまらない作品です。

ミラ・ジョヴォヴィッチのおすすめの映画6位:ジャンヌダルク

ジャンヌダルクは1999年に上映された作品でミラジョボビッチが主人公です。フランス映画のタクシーなどを手掛けるリュックベッソンが監督の作品です。

ジャンヌダルクは歴史上の人物で1400年代にローマ法王から異端と評されています。ジャンヌダルクの異端さを見事に演じており、その当時の描写がよく描かれています。

ミラ・ジョヴォヴィッチのおすすめの映画7位:ラストゲーム

ラストゲームは、1998年に上映された作品です。この作品でミラジョボビッチは、娼婦役でヒモ状態の彼から暴力を受けるような女性を演じています。

ミラジョボビッチのイメージとして、アクション系の映画などのイメージが強いと思いますが、20代の若い頃からこのような幅広い演技を披露しています。

ミラ・ジョヴォヴィッチのおすすめの映画8位:ウルトラヴァイオレット


ウルトラヴァイオレットは、2006年に公開されたSFアクションの作品です。カート・ウィマーが監督の作品で東洋武術を取り入れられています。

21世紀末の世界で、未知のウイルスが蔓延し、感染した人間は超人的な能力を手にすることができるが、寿命が12年になるという作品です。

ミラジョボビッチが演じる主人公ヴァイオレットは地下組織の殺し屋です。映画の脚本はミラジョボビッチのために書かれた作品で、華麗なアクションがしっかり見ることができる作品です。

ミラ・ジョヴォヴィッチのおすすめの映画9位:ブルーラグーン

ブルーラグーンは1991年に上映された作品です。1948年と1980年に製作された名作の青い珊瑚礁の続編にです。

青い珊瑚礁は海で遭難した少年と少女が、文明から離れた孤島で生活するうちに、男女の関係になり家族になります。

青い珊瑚礁のラストでは二人と子供が遭難しますが、ブルーラグーンは一人生き残った子供が主人公です。

ミラジョボビッチが演じる役柄はは美しく成長した少女で、セミヌード姿を披露したことで、とても話題になりました。

ミラ・ジョヴォヴィッチのおすすめの映画10位:ストーン

ストーンは2010年に上映された作品です。ミラジョボビッチの他に、ロバートデニーロ、エドワードノートンらのベテラン勢が出演しています。

人の心の闇を描いてさサスペンス映画で、受刑者の男性と、退職近い仮釈放管理官が女性によって崩壊していく流れを上手く表現しています。

ミラジョボビッチが見事に魔性の女を演じ、ロバートデニーロとエドワードノートンの演技も圧巻です。

ミラ・ジョヴォヴィッチのおすすめの映画についてまとめ

ミラジョボビッチはモデルとして活躍する傍らでスクリーンデビューを果たしました。

何と言っても圧倒的な美貌から繰り出されるアクションシーンに迫力がある一方で、サスペンス系やラブロマンス系の作品も出演しており演技力の幅広さは定評があります。

バイオハザードのシリーズが落ち着いたので今度も様々な作品の出演が楽しみな女優です。