映画

マーゴット・ロビー出演のおすすめ映画ランキング!TOP10を厳選!

この記事ではマーゴット・ロビーのおすすめの映画をランキング形式でお届けします。

映画プロデューサーとしても活躍するマーゴット・ロビーは、まだ28才という若さなんですね!

今は挑戦的に色々な役をこなして、ハリウッドスターとして引っ張りだこです。

マーゴット・ロビーと言えば、『スーサイド・スクワッド』のハーレイ・クイン役で一躍有名になりましたよね。

そんなマーゴット・ロビーの話題の映画をランキング形式で紹介するので、楽しんで読んでみて下さいね!

マーゴット・ロビーのおすすめの映画1位:アバウト・タイム~愛おしい時間について~

とある女性に恋をした男性が、タイムトラベルを繰り返し、何度も女性とデートを繰り返してゴールインをめざすSF要素のあるロマンティックコメディ映画です。

ドーナル・グリーソンとレイチェル・マクアダムスのラブストーリーで、マーゴット・ロビーは初恋相手役のシャーロットを演じました。

撮影時22才前後とみられ、とても初々しいマーゴット・ロビーが可愛いです!

マーゴット・ロビーのおすすめの映画2位:ウルフ・オブ・ウォールストリート

2014年公開映画で、マーティン・スコセッシ監督作品です。実在した株のブローカーだった、ジョーダン・ベルフォート本人による回顧録の映画です。

マーゴット・ロビーは、ナオミ・ラパグリア役として、レオナルド・ディカプリオの妻役を美しく演じました。

オーディションの時には、レオ様のお顔を引っぱたくシーンを演じたそうで、マーゴット・ロビーは、ドキドキしたと振り返っています。

マーゴット・ロビーのおすすめの映画3位:アニー・イン・ザ・ターミナル

マーゴット・ロビーが製作と主演を務めた復讐劇のリベンジスリラーで、2018年7月に公開された映画です。

街で起こる事件の後始末を引き受ける謎めいた裏の顔を持ち、密かに復讐を遂げようとする女性の物語りです。

マーゴット・ロビーの持つ女性の美と、怪しい妖しさや時折見せる危うさなどを併せ持った演技はピカいちだったと思います。

マーゴット・ロビーは、このような役柄が一番似合う女優さんの一人ではないでしょうか!‬

マーゴット・ロビーのおすすめの映画4位:スーサイド・スクワッド

アメリカンDCコミックスのスーパー悪役軍団で、ジャレッド・レト、トム・ハーディ、カーラ・デルヴィーニュら豪華キャスト陣の中で、マーゴット・ロビーは、ハーレイ・クイン役を演じました。

目的を果たすためなら手段を選ばないサディスティック的な性格を持つハーレイ・クイン役は、ハマリ役で続編への期待もありますね。

2016年に公開された「スーサイド・スクワッド」で、放送映画批評家協会賞アクション映画女優賞を、マーゴット・ロビーが受賞しました。

マーゴット・ロビーのおすすめの映画5位:死の谷間

核戦争で文明が崩壊した後の世界、生き残った女性1人と偶然出会った2人の男性との、脆く崩れやすい人間の心理を描いたSFサスペンス!

放射能汚染から免れた小さな谷間「死の谷間」で愛犬と暮らしていた生き残りの女性を、マーゴット・ロビーが演じました。

マーゴット・ロビーは、たった一人で生き抜こうとしてきた、強い女性を打ち出した2015年製作の映画です。

マーゴット・ロビーのおすすめの映画6位:ターザン:REBORN

動物たちに育てられジャングルを支配する王となったターザンが人間の女性と結婚したお話しをベースに描かれた2016年公開の映画です。

コンゴの村で生活していたターザン夫妻でしたが、何者かにさらわれてしまった妻を救うため、再びジャングルで 闘うターザンの物語です。

ターザン・ジョンにはアレクサンダー・スカルスガルド、ターザンの妻ジェーンをマーゴット・ロビーが、19世紀のヴィクトリア朝の服装で演じました。

マーゴット・ロビーのおすすめの映画7位:アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル

オリンピック出場を懸けた1991年の全米フィギュアスケート選手権で起きた、「ナンシー・ケリガン襲撃事件」の真相に迫る作品です。

事件の真犯人とされたトーニャ・ハーディング選手を、このためにフィギュアスケートを特訓した、マーゴット・ロビーが演じて注目を浴びました。

2018年に公開されたこの「I, Tonya」で、マーゴット・ロビーは、アカデミー主演女優賞にノミネートされるほど、評価は上り調子の売れっ子となりました。

マーゴット・ロビーのおすすめの映画8位:フォーカス

犯罪グループのリーダーで詐欺師のニッキーが、かつてプロとして見込んで技を伝授した女性がいた。

ある日突然姿を消してしまった女詐欺師ジェスとの再会によって、二人の関係の間で、大ドンデン返しが繰り返されるクライムサスペンスです。

マーゴット・ロビーが女詐欺師ジェス役に挑み、ウィル・スミスと共演した、世界の大富豪を巻き込み騙し合いを繰り広げる2015年公開の映画です。

マーゴット・ロビーのおすすめの映画9位:ふたりの女王 メアリーとエリザベス

2019年3月に公開された新作映画で、マーゴット・ロビー演じるエリザベス女王と、シアーシャ・ローナン演じるメアリー女王、ふたりの女王にスポットを当てた歴史ドラマです。

16世紀の英国を舞台に、恋愛もして女性らしく生きる女王メアリーに対し、国と結婚してヴァージンを貫くエリザベス女王の、対照的なふたりの女王の駆け引きを描き出しています。

マーゴット・ロビーは、国を背負うため、結婚も出産も諦めたヴァージンクイーンを様々な表情で演じました。

マーゴット・ロビーのおすすめの映画10位:ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

2019年公開予定されているクエンティン・タランティーノ監督最新作、サスペンススリラー作品です。

マーゴット・ロビーは、レオナルド・ディカプリオの妻役として「ウルフ・オブ・ウォールストリート」以来、2度目の共演となりました。

かつての人気俳優リックとそのスタントマンのお話しを軸に、1960年代黄金期時代のハリウッドで起きたある殺人事件を伏線に取り上げています。

カッコよく年を重ねたレオナルド・ディカプリオとブラッドピットが共演する映画としても超話題作です!

マーゴット・ロビーのおすすめの映画についてまとめ

マーゴット・ロビーは涼しげな美貌を持ち、アクティブ女優としてもカッコ良い若手俳優の一人です。

自分でプロデュースするなど、製作陣の一人としてもキャリアを伸ばしつつありますね!

最新作では、レオ様との夫婦役を5年ぶりに再キャスティングされて、どんな妻役を演じてくれるのか楽しみです。