映画

キーラ・ナイトレイ出演のおすすめ映画ランキング!TOP10を厳選!

この記事ではキーラ・ナイトレイのおすすめの映画をランキング形式でお届けします。

パイレーツ・オブ・カリビアンシリーズで、ハリウッドスターの仲間入りを果たしたキーラ・ナイトレイは、1985年生まれのイギリス人です。

最近になって、女優引退まで考えた時期があった、とカミングアウトしていました。現在はチャリティー活動を含め、俳優業と育児を両立させているキーラ・ナイトレイのおススメ映画をご紹介いたします。

令嬢役が多かったキーラ・ナイトレイ出演のおすすめ映画10作品を独断によるランキング形式で、1位からご紹介していきます。

キーラ・ナイトレイのおすすめの映画1位:パイレーツ・オブ・カリビアン

シリーズ最初の『パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち』は、2003年に公開されました。

キーラ・ナイトレイは、17歳の頃にヒロイン役のエリザベスを務めて、一躍有名になりました。

ジョニー・デップ、オーランド・ブルームなど、共演者も豪華スターが勢ぞろいで、ディズニー映画大ヒット作品です。

キーラ・ナイトレイは、この映画シリーズの大ヒットでハリウッドスターに躍り出ました。

キーラ・ナイトレイのおすすめの映画2位:プライドと偏見

2005年に公開。キーラ・ナイトレイがアカデミー主演女優賞にノミネートされた最初の作品です。

18世紀末のイギリスを舞台に、中流家庭に生まれた5人娘の二女役を、キーラ・ナイトレイが演じています。

隣人の富豪との結婚をめぐる長女を中心に、5人姉妹と女友達との、恋に花を咲かせる恋愛物語です。

キーラ・ナイトレイのおすすめの映画3位:アンナ・カレーニナ

19世紀後半のロシアを舞台に、文豪トルストイが1877年に発表した小説を2012年に映画化した作品です。

社交界の華とまで言われる美しい存在のアンナ・カレーニナを、キーラ・ナイトレイが演じました。

アカデミー賞衣装デザイン賞を受賞した衣装を見るだけでも、必見の価値があり、この映画の綺麗さと優美さが伝わります。

キーラ・ナイトレイのおすすめの映画4位:ある公爵夫人の生涯

2008年に公開された映画で、18世紀後半のイギリス、故ダイアナ元妃直系の祖先にあたる実在した公爵夫人をキーラ・ナイトレイが演じました。

何度も流産してしまうデヴォンシャー公爵夫人と、世継ぎの男子誕生の事しか頭にない夫とその愛人とのスキャンダラスな人生ドラマです。

マリー・アントワネットの時代を彷彿させる煌びやかな衣装は、アカデミー衣装デザイン賞を受賞しました。

キーラ・ナイトレイのおすすめの映画5位:つぐない


イアン・マキューアンの小説『贖罪』を原作にし2007年に公開された映画です。

夏のある日に起きた事件を目撃した、小説家を目指す多感な妹の嘘の一言で、男女3人の運命が動いていく。

小説家を夢見る少女の姉を、キーラ・ナイトレイが演じ、彼氏役にはジェームズ・マカヴォイ、幼い妹をシアーシャ・ローナンが演じました。

妹の告白による回想録にもなっていますが、切ないラブストーリーです。

キーラ・ナイトレイのおすすめの映画6位:わたしを離さないで

2018年ノーベル文学賞を受賞した長編小説、カズオ・イシグロの「わたしを離さないで」を映画化した作品です。

臓器移植のために生まれたクローン人間の一生という衝撃的な内容のSFもので、2010年に公開されました。

他人の臓器移植のために、厳しい管理体制の中、寄宿学校で過ごす少年少女の人間模様や恋心を描いた、切ないストーリーです。

日本でも2014年蜷川幸雄演出の舞台版が上演されたり、2016年にはTVドラマ化されました。

キーラ・ナイトレイのおすすめの映画7位:はじまりの歌

シンガーソングライター演じるキーラ・ナイトレイの素敵な歌声が印象的だった、ミュージック映画です。アカデミー賞の歌曲賞にノミネートされました。

恋人からは浮気されて別れ、親友との生活を始めながら、音楽活動を続けていくうち、シンガーソングライターとして製作した楽曲が世に認められていく物語です。

「アリー/スター誕生」などを連想させるようなお話しです。

キーラ・ナイトレイのおすすめの映画8位:エベレスト 3D

2015年11月に公開された映画です。ヒマラヤ山脈にある世界最高峰の壮大な山・チョモランマで、1996年に起きた遭難事故をベースに、人間模様を描き出している人間ドラマです。

自然の脅威に挑む人間の姿を描いた『エベレスト3D』で、キーラ・ナイトレイ、ジェイソン・クラーク、ジェイク・ギレンホールら実力派俳優たちが登山家役に挑戦しました。

キーラ・ナイトレイのおすすめの映画9位:イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密

第二次世界大戦時の暗号解読を解明した天才数学者の物語です。

解読不可能と言われたドイツ軍の暗号エニグマの解読に時間を費やした、数学者にベネディクト・カンバーバッジが演じました。

キーラ・ナイトレイはその数学者の恋人役を好演し、アカデミー賞助演女優賞にノミネートされています。

キーラ・ナイトレイのおすすめの映画10位:くるみ割り人形と秘密の王国

2018年公開されたディズニー映画で、キーラナイトレイは、シュガー・プラムというディズニーヴィランズを演じました。

お菓子の国の統治者で、王国に迷い込んだ主人公の少女クララの世話を焼く案内人のような妖精です。

共演者には、クララ役のマッケンジー・フォイを始め、ヘレン・ミレンやモーガン・フリーマンなど大御所が出演しています。

キーラ・ナイトレイのおすすめの映画についてまとめ

キーラ・ナイトレイの幼少期は、識字障害という学習障害、20代前半期ではPTSD、パニック障害などに悩まされたそうです。

2013年5月に結婚して、現在は一児のママさんです。主演女優賞に輝く時はいつなのか、楽しみながら応援していきたいですね。