映画

ハリソン・フォードのおすすめ映画TOP10!ランキングで紹介!!

この記事ではハリソン・フォードのおすすめの映画をランキング形式でお届けします。1970年代から大作、名作に次々と出演するレジェンド、ハリソン・フォード。

映画好きな私が、面白いと思うハリソン・フォードの映画をまとめてご紹介します!

ハリソン・フォードのおすすめの映画1位:ブレードランナー

フィリップ・K・ディックの小説を原作とし、『エイリアン』のリドリー・スコットが監督した1982年公開のSF映画です。

レプリカントと呼ばれる人間そっくりのアンドロイドが作られた近未来が舞台です。「ブレードランナー」とは人間に反抗するレプリカントを見つけ、処分する捜査官のこと。

ハリソン・フォードは主人公のリック・デッカードを演じています。衝撃的なビジュアルと様々な解釈が可能な物語は全世界でカルト的な人気を呼び、現在まで多くの作品に影響を与え続けています。

ハリソン・フォードのおすすめの映画2位:スター・ウォーズ 新たなる希望

ハリソン・フォードを一躍世界的スターに押し上げたのはやはりこの作品でしょう。1977年に公開された、ジョージ・ルーカス監督によるSF映画の金字塔です。

「スター・ウォーズ」シリーズの公開第1作目で、スター・ウォーズ・サーガ全体ではエピソード4にあたります。

豪快なアウトローであるハン・ソロを演じたハリソン・フォードは主役のマーク・ハミル以上の存在感を見せ、シリーズきっての人気キャラクターとなりました。

ハリソン・フォードのおすすめの映画3位:レイダース/失われたアーク《聖櫃》

考古学者インディ・ジョーンズを主人公とした人気シリーズの1作目です。スティーヴン・スピルバーグが監督し、1981年に公開されました。

1930年代を舞台に、世界を飛び回るトレジャーハンターであるインディ・ジョーンズは ナチスなどと対抗しながら大冒険を繰り広げます。

「スター・ウォーズ」のハン・ソロと並び、ハリソン・フォードを代表する当たり役となりました。

ハリソン・フォードのおすすめの映画4位:刑事ジョン・ブック 目撃者

ピーター・ウィアー監督による1985年公開のサスペンス映画です。殺人事件の目撃者となったアーミッシュの少年とその母親を守ろうとする一人の刑事の格闘を描いています。

ハリソン・フォードが演じるのは主人公の刑事ジョン・ブック。アクション要素は少なく、異文化の交流や恋愛を映画いたドラマとして高く評価されています。

ハリソン・フォードは本作でアカデミー賞主演男優賞にノミネートされました。

ハリソン・フォードのおすすめの映画5位:逃亡者

アンドリュー・デイビス監督による1993年公開のサスペンス映画です。

妻殺しの罪を着せられた医師が警察に追われながら真犯人を捜すというストーリーで、1960年代に人気を博したTVドラマのリメイクとなります。

ハリソン・フォードは主人公の医師、リチャード・キンブルを演じています。

キンブルを追う捜査官役のトミー・リー・ジョーンズはアカデミー賞助演男優賞を受賞しました。2人の緊張感ある共演が見ものです。

ハリソン・フォードのおすすめの映画6位:アメリカン・グラフィティ

「スター・ウォーズ」のジョージ・ルーカスが1973年に監督した作品です。1962年のカリフォルニア州を舞台に、高校を卒業した若者たちの青春模様を描いています。

ハリソン・フォードは主人公たちにちょっかいを出すカウボーイ・ハットをかぶった悪役を演じています。本作での好演が後のハン・ソロ役への抜擢につながっていくのです。

ハリソン・フォードのおすすめの映画7位:モスキート・コースト

ピーター・ウィアー監督による1986年公開の映画です。ハリソン・フォードは文明社会を離れて家族でホンジュラスに移住した発明家を演じています。

本作でゴールデングローブ賞主演男優賞にノミネートされました。

1989年の『インディ・ジョーンズ/最後の聖戦』でハリソン・フォードの若き日を演じたリバー・フェニックスが、 本作ではハリソン・フォードの息子役を演じています。

ハリソン・フォードのおすすめの映画8位:ブレードランナー2049

ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督による、2017年公開のSF映画です。1982年の映画『ブレードランナー』の続編で、前作から30年後の2049年が舞台です。

ハリソン・フォードは前作と同じリック・デッカード役で、前作と今作を繋ぐ重要な役を演じています。

公開前は前作のファンから賛否の声が上がっていましたが、 美しい映像と感動的なストーリーで一定の評価を得ています。

ハリソン・フォードのおすすめの映画9位:今そこにある危機

1994年公開のスパイアクション映画です。トム・クランシーの小説を原作としたシリーズの2作目で、興行的にも大ヒットしました。

ハリソン・フォードは前作『パトリオット・ゲーム』に続いてCIAアナリストのジャック・ライアンを演じ、これもまた彼の当たり役のひとつとなっています。

ハリソン・フォードのおすすめの映画10位:42~世界を変えた男~

2013年に公開された作品です。黒人初のメジャーリーガーとなったジャッキー・ロビンソンの伝記映画で、「42」は彼の背番号を表しています。

ハリソン・フォードはジャッキー・ロビンソンをチームに加えることを決めたブルックリン・ドジャーズのゼネラル・マネージャー、 ブランチ・リッキーを演じています。

決して出番は多くありませんが、強い人種差別で苦しみながらプレーするロビンソンを励まし、諭していく重要な役どころです。

ハリソン・フォードのおすすめの映画についてまとめ

ハリソン・フォードのおすすめの映画TOP10をご紹介しました。アクションからSF、サスペンスドラマと出演作品はジャンルを問いません。ぜひご覧ください!

洋画が充実している動画配信サービスについては別の記事で詳しく解説しているので、そちらもチェックしてみて下さいね。

あわせて読みたい
洋画好きにおすすめの動画配信サービスTOP5!ランキングで紹介!この記事では洋画好きにおすすめの動画配信サービスをランキング形式で紹介します。 数ある動画配信サービスの中から、洋画が特に充実して...