映画

エディ・マーフィーの映画おすすめランキング!TOP10を厳選!

この記事ではエディ・マーフィーのおすすめの映画をランキング形式で紹介します。

エディ・マーフィーはニューヨーク・ブルックリン出身の人気映画俳優で、主にコメディ映画を得意分野としています。

ここではそんなエディ・マーフィーが出演しているおすすめの映画を厳選して紹介していきたいと思います!あなたのお気に入りの映画はランクインしているでしょうか?

エディ・マーフィーのおすすめの映画1位:星の王子ニューヨークへ行く

1位は「星の王子ニューヨークへ行く」です!1988年公開のロマンス・コメディ映画です。

大まかなストーリーは、エディー・マーフィー演じるザムンダ王国の王子「アキーム」が花嫁探しのためにニューヨークへ渡るという話。

普段は豪邸に住み、世話係までいる生活をしていたアキームですが、ニューヨークでは一介の市民を装って、市井の女性を観察します。

意中の相手を見つけ、猛アタックを仕掛けるのですが、元金持ちであったことで起こるトラブル等が笑いなし、涙なしではみられないオススメの一本です!

エディ・マーフィーのおすすめの映画2位:ビバリーヒルズ・コップ

2位は「ビバリーヒルズ・コップ」です!

全3シリーズに割ったて公開された人気映画シリーズで「ビバリーヒルズ・コップ2」、「ビバリーヒルズ・コップ3」はそれぞれ1987年、1994年に公開されています。

麻薬組織を相手に、上司からは見放されているものの腕はピカイチであ若手刑事「アクセル」が果敢に挑んでいく、というストーリーです。

エディー・マーフィーはその「アクセル」役を演じています。セリフの掛け合いが面白く、ハラハラドキドキな演出も多く含む、アクション・コメディ映画です!

エディ・マーフィーのおすすめの映画3位:大逆転

3位は「大逆転」です!

兄弟経営者「デューク兄弟」によりエリートのウィンソープと、ホームレスのバレンタインの立場を入れ替えてみたらどうだろうという非人道的なかけから話は始まります。

入れ替えられた二人が結託して、デューク兄弟をやっつけよう!というのがこの映画の大まかなストーリーです。

最後のドタバタが非常に爽快で、それでいて笑える、コメディ映画のお手本といっても良い一本です!

エディ・マーフィーのおすすめの映画4位:チャーリーと14人のキッズ


4位は「チャーリーと14人のキッズ」です!天真爛漫で可愛い14人の子供達が、新米保育士3人を大いに困らせるという、心温まるコメディ映画です。

もちろんエディー・マーフィーは主演で「チャーリー」を演じており、監督は「ドクター・ドリトル2」のスティーヴ・カーが務めています。

上映時間は約90分と長くなく、サクッと笑いたい人に特にオススメの一本です!

エディ・マーフィーのおすすめの映画5位:48時間

5位は「48時間」です。1982年に公開されたニック・ノルティ、エディー・マーフィーの二人が主演のアクションコメディです。

外で労働に当たっていたある囚人が、仲間の助けを借り脱走します。刑事ジャックは、その時服役中であった黒人レジーに仮釈放48時間という条件で、2人の脱走者の捜査を依頼します。

この刑事と囚人のコンビネーションと言葉のやりとりが非常に面白く、ぜひみていただきたいポイントで気軽に楽しめる映画になっていると思います!

エディ・マーフィーのおすすめの映画6位:ドリームガールズ

6位は「ドリーム・ガールズ」です!2006年に公開されたミュージカル映画で、トム・アイン作の同名のミュージカルを原作として作られました。

3人からなる女性コーラスグループが成功を夢見てニューヨークへ渡ります。

マネージャーに見出され、エディー・マーフィー演じる大スター「ジェームズ」のバックコーラスとしてデビューするが、というのがこの映画のあらすじになります。

コーラスグループの女性たちによる美しい歌声に注目な、アメリカン・ドリームを描いた超感動のオススメの一本です!

エディ・マーフィーのおすすめの映画7位:エディ&マーティンの逃走人生


7位は「エディ&マーティンの逃走人生」です。原題は「Life」の1999年に公開されたコメディ映画です。

密造酒を運ぶことになった二人が、殺人事件に巻き込まれ、まさかの犯人に仕立て上げられてしまいます。

二人は終身刑を言い渡され、長い監獄生活を送ることになってしまう、というところからストーリーが進んでいきます。

人生は愛する人と過ごすべきだと言われているが、大嫌いな人と大半を過ごしてしまう、という悲劇を笑いを交えて描いています。

エディ・マーフィーのおすすめの映画8位:デイブは宇宙船

8位は「デイブは宇宙船」です。2009年公開のSFコメディ映画で、エディー・マーフィーは宇宙船の船長「デイブ」を演じています。

船長「デイブ」をまるまる模した宇宙船に乗って地球に降り立った小さな宇宙人たちによって引き起こされる騒動を描いたストーリーになります。

エディ・マーフィが宇宙船という設定がそもそも笑えるし、ユニークでわかりやすい映画だと思います。疲れているけど少しだけ笑いたい、というような時にオススメの一本です!

エディ・マーフィーのおすすめの映画9位:ビッグムービー

9位は「ビッグムービー」です。原題は「Bowfinger」で1999年に公開されたコメディ映画になります。

エディー・マーフィーとスティーヴ・マーティンが主演を務めており、スティーヴ・マーティンは脚本の制作にも携わっています。

ハリウッドでの映画製作現場の裏側をストーリーにした映画で、低予算映画に携わる人たちの苦労を面白おかしく笑いに変えて描いています。

なお、この映画でエディー・マーフィーは、できる男とできない男の双子の兄弟を一人二役で演じており、そちらも注目です!

エディ・マーフィーのおすすめの映画10位:ペントハウス


10位は「ペントハウス」です。2011年に公開されたブレット・ラトナー監督によるクライムアクション・コメディ映画です。

全米一の最高級マンション「ザ・タワ-」に暮らす「ショウ」はある日、20億ドルの横領を行なったとしてFBIに逮捕されてしまいます。

それだけでなく、タワーの従業員の年金にまで手を出しており、それを知ったタワーの管理人「ジョシュ」は怒り狂い、幼馴染の泥棒スライドらとともに「ショウ」からお金を取り返そうと考える、というのが大まかな話の流れです。

エディー・マーフィーは、良いところでいい味を出す泥棒「スライド」を演じており、ベン・スティラー演じる「ジョシュ」とのやりとりはやはり笑えます!

エディ・マーフィーのおすすめの映画についてまとめ

いかがでしたか?エディー・マーフィーの出演するおすすめ映画を10本紹介してきました。どの映画も、気軽に笑えて神経を使わない映画ですので、ぜひ見てみてください!