映画

ドウェイン・ジョンソン出演のおすすめ映画ランキングTOP10!

この記事ではドウェイン・ジョンソンのおすすめの映画をランキング形式で紹介します。

どウェイン・ジョンソンはアメリカ出身の俳優で、元プロレスラーという異色の経歴を持っています。プロレスで培った肉体を生かしたド派手なアクションが彼の魅力です!

ここではそんなドウェイン・ジョンソンが出演している映画を厳選して紹介していきたいと思います。

ここではドウェイン・ジョンソンの出演するおすすめ映画を10本厳選して紹介していきます。彼のド派手な演技を見たいなら是非見ていってください!

ドウェイン・ジョンソンのおすすめの映画1位:カリフォルニア・ダウン

1位は「カルフォルニア・ダウン」です。2015年に公開された、カルフォルニアを舞台とするパニック映画です。

カルフォルニアにあるサンアンドレアス断層が引き起こす大地震とそれに伴う津波で、カルフォルニアの市街地は壊滅的な被害を受けます。

レスキュー隊を演じるドウェイン・ジョンソンとその家族も被災し、最愛の家族を守るためヘリコプターや飛行機を駆使して危機から救うという物語です!

ドウェイン・ジョンソンのおすすめの映画2位:ギャングスターズ 明日へのタッチダウン

2位は「ギャングスターズ 明日へのタッチダウン」です。原題は「Gridiron Gang」で、日本では公開されていない映画です。

ドウェイン・ジョンソンはこの映画で、少年院に勤める保護観察官役を演じており、ギャングの世界に足を踏み入れつつあった少年たちをアメフトを通して更生させるというお話です。

非常に心が温まる、感動的なストーリーなのですが、実話を基に作られたというのですから驚きです!彼の熱血教師的な演技も注目ポイントです!

ドウェイン・ジョンソンのおすすめの映画3位:ワイルド・スピード MEGA MAX


3位は「ワイルド・スピード MEGA MAX」です!

人気映画シリーズ「ワイルド・スピード」の第5作目の作品で、ドウェイン・ジョンソンがこの映画シリーズに初登場した1作です。

もともとアクションが売りの映画ですから、ドウェイン・ジョンソンの持ち味であるド派手なアクションがピタリとマッチしています。

カーアクション、銃撃戦ももちろん注目ポイントなのですが「ヴィン・ディーゼル」演じる「ドム」とドウェイン・ジョンソン演じる「ホブス」の肉弾戦は非常に見応えがあります!

ドウェイン・ジョンソンのおすすめの映画4位:ランペイジ・巨獣大乱闘

4位は「ランペイジ・巨獣大乱闘」です。2018年に公開されたパニック・アクション映画です。

1986年にアメリカで大流行したアーケードゲーム「RAMPAGE」を基に実写化された作品です。巨大化した街で暴れる動物たちと、それらをなんとか食い止めたい人間を描いた内容です。

ドウェイン・ジョンソンはマッチョな学者役を演じており、彼だからこそできる筋肉を生かしたアクションが魅力的です!

ドウェイン・ジョンソンのおすすめの映画5位:G.I.ジョー・バック2リベンジ

5位は「G.I.ジョー・バック2リベンジ」です。2013年に公開されたアクション映画で、2009年に公開された「G.I.ジョー」の続編映画になります。

「G.I.ジョー」の新メンバーとなった「ロードブロック」役を彼が演じています。

続編映画ですが、ストーリー的に前作の話は大きくは関係しておらず、今作から見ても楽しめるかと思います!

ドウェイン・ジョンソンと同じように筋肉を生かしたアクションが売りの「ブルース・ウィルス」も出演しており、彼らの筋肉コンビネーションは見るものをワクワクさせてくれると思います!

ドウェイン・ジョンソンのおすすめの映画6位:ワイルド・スピード SKY MISSION

6位は「ワイルド・スピード SKY MISSION」です。2015年に公開された映画で、「ワイルド・スピード」シリーズの第7作目になります。

ドウェイン・ジョンソンは引き続き「ホブス」役を演じており、もう一人注目なのが敵役「デッカード・ショウ」です。こちらは人気筋肉俳優「ジェイソン・ステイサム」が演じています。

ストーリーをしっかり追いたい人は、第1作から見たほうがいいですが、自分がこの映画でおすすめするポイントはストーリーよりも2人の肉弾戦です!

銃撃やカーアクションを駆使して激しいバトルを繰り広げますが、やはり最後は肉体をフル活用する格闘戦に行き着きます。男であれば、たまらないアクション映画だと思います!

ドウェイン・ジョンソンのおすすめの映画7位:ワイルド・スピード ICE BREAK


7位は「ワイルド・スピード ICE BREAK」です。連続して紹介することになってしまいましたが、「ワイルド・スピード」シリーズの第8作目の映画になります。

主演を務めていた「ポール・ウォーカー」がなくなってしまったため、彼のいない初めてのワイルド・スピード映画です。

前作で敵役であったジェイソン・ステイサム演じる「ショウ」はなんと味方側に周り、「ホブス」らと共に、新しい敵と戦います。

前作まで火花を散らしていた「ホブス」と「ショウ」のコンビネーションは最高で、筋肉を生かしたアクションはもちろんのこと、言葉の兼ね合いなど笑える要素も満載!

ドウェイン・ジョンソンが好きならオススメの一本です!

ドウェイン・ジョンソンのおすすめの映画8位:ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル

8位は「ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル」です!2017年にアメリカで公開されたアドベンチャー映画です。

1995年に公開された映画「ジュマンジ」の続編にあたる作品で、ゲームの世界に閉じ込められてしまった高校生4人を描いた作品になります。

高校生4人たちは、ゲーム内でそれぞれのキャラクターのアバターとなって、話は進んでいきます。

それぞれのキャラクターは長所・短所が明確化されており、それぞれの特徴を生かしたアクションが注目ポイントの一つです!

ドウェイン・ジョンソンのおすすめの映画9位:セントラル・インテリジェンス

9位は「セントラル・インテリジェンス」です。2016年に公開されたアクション・コメディ映画です。

高校時代デブでいじめられっ子であったドウェイン・ジョンソン演じる「ロビー」と、その反対に高校時代人気者であったケヴィン・ハート演じる「カルヴィン」の2人のお話です。

20年後2人は偶然出会いますが、見違えるようにたくましくなった「ロビー」と、逆に冴えない立場に落ち着いてしまっている「カルヴィン」が犯罪組織と戦う、という風に話は進んでいきます。

高校時代の「ロビー」はCG加工してデブに仕上がったドウェイン・ジョンソンが演じているところなど、笑える要素が非常に多い映画です!

ドウェイン・ジョンソンのおすすめの映画10位:ベイウォッチ

10位は「ベイウォッチ」です。2017年に公開されたアクション・コメディ映画です。その名の通り、水難救助隊「ライフガード」たちをテーマにして描かれた作品です。

ただ人助けをするのではなく、下ネタ満載のジョークであったり、犯罪組織との戦いであったり、いろんな要素がギュッと詰まっている一本です!

ドウェイン・ジョンソンももちろんですが、その他大勢の魅力的なマッチョと海の似合う美女が出演しているため、そちらも注目です!

ドウェイン・ジョンソンのおすすめの映画についてまとめ

以上、ドウェイン・ジョンソンが出演するおすすめ映画を10本紹介してきました。

他にも彼の魅力がいっぱい詰まっている映画がたくさんあったのですが、ここでは伝えきれませんでした!ここ以外の映画もぜひ探してみてください!