映画

クリント・イーストウッド主演のおすすめ映画ランキングTOP10!

この記事ではクリント・イーストウッド主演のおすすめの映画をランキング形式でお届けします。

映画好きな私が、面白いと思うクリント・イーストウッドの映画をまとめてご紹介します!

映画監督としても数々の名作を残してきた巨匠であるイーストウッドの、俳優としての傑作を厳選しました。お楽しみください!

クリント・イーストウッドのおすすめの映画1位:グラン・トリノ

朝鮮戦争への従軍経験もある老人と近隣に住むベトナム系の少年との交流を描いた、2008年の作品です。クリント・イーストウッド自身が監督も務めています。

ギャングに脅かされている少年の未来のために、老人は大きな決意を胸にある行動に出るのです。

誰にも心を開かなかった白人の老人が最後に未来を託したのがアジア系の少年であるというドラマは感動を呼びます。

クリント・イーストウッドは自分自身をモチーフにしたかのような主人公を好演し、映画も高い評価を得ました。

本作製作時に「これが最後の主演映画だ」と語るほど思い入れのある作品だったのです。

クリント・イーストウッドのおすすめの映画2位:ダーティーハリー

クリント・イーストウッドの代表作のひとつでもある『ダーティー・ハリー』。ドン・シーゲル監督による1971年の本作を筆頭に、計5作が作られる人気シリーズとなりました。

44マグナムという強力な拳銃を手に、巨悪に立ち向かう一匹狼の刑事。ニヒルでハードボイルドなそのキャラクターは世界中で人気となりました。

クリント・イーストウッドのおすすめの映画3位:続・夕陽のガンマン

1960年代のクリント・イーストウッドはハリウッドではなくヨーロッパ、特ににイタリア製作の西部劇に多く出演していました。

いわゆる「マカロニ・ウエスタン」と呼ばれるものです。セルジオ・レオーネ監督による本作はその代表作のひとつで、1966年に公開されました。

原題は「善玉、悪玉、卑劣漢」という意味で、イーストウッドが演じるのは「善玉」の賞金稼ぎです。3人の賞金稼ぎが対峙するラストの決闘シーンは映画史に残る名シーンとも言われています。

クリント・イーストウッドのおすすめの映画4位:許されざる者

公開当時は「最後の西部劇」と謳われた1992年公開の作品です。クリント・イーストウッド自身が監督しています。

イーストウッドが演じたのはかつて伝説のアウトローだったが、今は妻に先立たれ農夫として子供を養っているウィリアム・マニー。

彼の元に賞金首になったカウボーイの話が舞い込み、生活のために再び銃をとるという物語です。

イーストウッドは自分がマニーの年齢になるまで映画化を待ったと言われています。

イーストウッドにとって初のアカデミー賞作品賞・監督賞をもたらした傑作で、主演男優賞にもノミネートされました。

クリント・イーストウッドのおすすめの映画5位:アルカトラズからの脱出

ドン・シーゲル監督による1979年の映画です。脱獄不可能と言われたアルカトラズ刑務所から脱獄したフランク・モリスの実話を元にした作品です。

クリント・イーストウッドは緻密に、そして地道に脱獄に向けて計画を実行するモリスをクールに演じています。

映画監督としての師匠でもあるドン・シーゲルとイーストウッドがタッグを組んだ最後の作品となりました。

クリント・イーストウッドのおすすめの映画6位:ミリオンダラー・ベイビー

野心的な女性ボクサーと老トレーナーの物語です。クリント・イーストウッド自身が監督し、2004年に公開されました。

お互いに家族と疎遠で孤独な二人は徐々に本当の家族以上の絆で結ばれていきます。しかし、彼らを待っていたのはあまりにも非常な運命でした。

悲しいラストシーンは涙なしには見られないほどです。家族を顧みてこなかった老トレーナーの姿は、イーストウッド自身の人生のも重なって見えてきます。

イーストウッド監督はこの作品で2度目のアカデミー賞作品賞・監督賞を受賞した他、主演男優賞にもノミネートされました。

クリント・イーストウッドのおすすめの映画7位:マディソン郡の橋

クリント・イーストウッド自身の監督作で、1995年に公開されました。

不倫をテーマにした大人のラブストーリーで、イーストウッド監督作としてはどちらかというと珍しいテーマの作品です。

イーストウッドが演じるのはカメラマン。仕事で立ち寄った田舎町で、メリル・ストリープ演じる主婦とたった4日間の熱い恋に落ちるのです。

メリル・ストリープはアカデミー主演女優賞にノミネートされ、イーストウッドとのアンサンブルが高く評価されました。

クリント・イーストウッドのおすすめの映画8位:スペース・カウボーイ

クリント・イーストウッドが主演・監督・製作を務めた2000年の作品です。アポロ計画以前にアメリカ空軍のテストパイロットだった「チーム・ダイダロス」。

40年以上が経ち、故障した旧ソ連の衛星を修理するため、当時の技術を知り設計に関わった「チーム・ダイダロス」が 呼び戻されるというストーリーです。

60歳を超えた老人たちが若い者に負けじとハッスルし、宇宙に行く姿は爽快です。イーストウッドも70歳の肉体を酷使しアクションシーンに臨んでいます。

クリント・イーストウッドのおすすめの映画9位:荒野の用心棒

セルジオ・レオーネ監督による1964年公開の西部劇です。これもまた、マカロニ・ウェスタンの傑作と言われています。

実は黒澤明監督の『用心棒』を非公式にリメイクした物語で、後に東宝に訴えられるという顛末もありました。

『用心棒』の三船敏郎と本作のイーストウッドを見比べてみるのも一興ではないでしょうか。どちらもカッコいいです!

クリント・イーストウッドのおすすめの映画10位:シークレット・サービス

ウォルフガング・ペーターゼン監督による1993年公開の作品です。

クリント・イーストウッドが演じるのはかつてケネディ大統領の暗殺を阻止できなかった過去を持つベテランのシークレット・サービス。

大統領暗殺の脅迫犯から指名された彼が過去の失敗と向き合いながら犯人を追い詰めていく物語です。

アクションもしっかりこなしながら、若い女性とのラブシーンまで演じるイーストウッドは流石です。

クリント・イーストウッドのおすすめの映画についてまとめ

クリント・イーストウッドのおすすめの映画TOP10をご紹介しました。若い時代のアクション作だけではなく、老境に至ってからの渋みのある演技も素晴らしいものばかりです。

今回紹介したおすすめの映画を、当サイトのおすすめする動画配信サービスでぜひご覧ください!

あわせて読みたい
洋画好きにおすすめの動画配信サービスTOP5!ランキングで紹介!この記事では洋画好きにおすすめの動画配信サービスをランキング形式で紹介します。 数ある動画配信サービスの中から、洋画が特に充実して...